最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

京都のフォトウエディングってどんなもの?

最近は挙式や披露宴を行うには金銭的事業から難しいというカップルも増えています。そんなカップルに人気があるのが京都のフォトウエディングと呼ばれるものです。

京都でのフォトウエディングでは、結婚式同様カップルはドレスや和装に着替えてヘアアップ等も行った後プロのカメラマンによる写真撮影が行われます。ロケーションもチャペルや庭園から神社等選ぶことができる場合が多く、自分たちの希望に沿ったロケーションでの写真を撮ってもらうことができます。

写真は一枚印刷してもらうこともできれば、複数枚のデータをくれることも可能なため、希望する内容をよく吟味して契約することが大切です。

ウエディングの種類はこんなものがあります

結婚する二人が誓いを交わすのが、結婚式の目的です。

どのようなスタイルのウエディングが最もふさわしいか二人でよく考えて、両親など周囲の人ともよく話し合って、決めていきます。挙式のスタイルには宗教によるものと、そうでないものとがあります。

以前は神前式が多かったのですが、最近はキリスト教式も増えてきています。そのほかにあまり数は多くありませんが、仏前式で行う場合もあります。また伝統的な自宅での結婚式も少数ながら受け継がれています。

宗教によらない自由な形式には、人前結婚式があります。家族や知人など親しい人たちが立ち会う席上で誓いを交わすという手順になっています。

自分にあったウエディング

一口にウエディングといっても、さまざまなスタイルの式が存在しています。そのため自分たちの希望にあわせて、多種多様な式の演出が可能です。例えばドレス1つをとっても、結婚式場でレンタルするだけではなく、オーダーメイドにするなどこだわりを持ってドレスを選べます。

結婚式場で行われているウエディングフェアでは、ドレスの試着会なども行われているので、興味があったら参加してみることも可能です。このようなフェアでは、ドレスの試着だけではなく、式で出るメニューの試食も可能です。試着や試食をしたら、感想を比較できるように写真やメモで記録しておくことも忘れないようにしましょう。

礼拝を行う教会でのウエディング

教会式のウエディングでは、キリスト教の教会において、信者を対象に行われる挙式です。教会専属の牧師が司式してくれます。

信者ではないカップルの場合でも、事前に礼拝に参加することを条件に、挙式することを許可される場合がありますが、基本的には信者を対象にしています。

教義にのっとった挙式になり、露出の少ないウエディングドレスや厳格さを求められるケースが多いです。教会式では、厳粛な雰囲気の中挙式を行うので、雰囲気があり教会で挙式をしたいという方が多く、とてもおすすめです。

ただし、教会には礼拝に訪れる信者が参列することもあるため、身内や親戚だけで挙式をしたいという人は注意が必要です。

結婚式で着用するウエディングドレスの試着

結婚式で着用するウエディングドレスは、多くの女性にとって憧れの象徴とも言えます。

ウエディングドレスには、さまざまなタイプがあり、同じ白に見えても、使用する素材や形によって大きく印象が変わります。ドレスの試着の際には写真撮影をしっかりと行い、後から見直せるようにすることです。また、後悔しないように気になるドレスは全て試着を行っておいた方が良いでしょう。

可能であれば同性の仲の良い友人などに付き合ってもらい、率直な意見をもらうことです。また、結婚式場の規模や雰囲気、ゲストの年代などによっても配慮し考えることが大切です。

最高のウエディングにするために

ウエディングは、人生においても大きなターニングポイントです。特に女性は、憧れをもつ人が多いです。人によって様々ですが、結婚が決まったら式場選びを始める男女が多いです。

自分の理想のウエディングが行えるように、何事も余裕を持って早めに準備をすることでより良い式を行うことが出来ます。

当日は新婦が一番主役として注目されるため、ドレスや着物選びは自分の満足いくまで何度でも試着をして決めることをおすすめします。そうすることで、自信を持って当日を迎えられることができます。人生で一度の大舞台を新郎新婦が2人で力を合わせて望むことで最高の日にすることが出来ます。

ウエディングについての関連記事