最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

京都でウエディング

数多くの世界文化遺産の神社などがある京都でウエディングを計画しているカップルの方が増えています。京都では、伝統的な和装での神前挙式を希望している方が多いのが、特徴になっています。

厳かで重厚な雰囲気の中で、挙式を行うことが出来るので家族や親族の方も大変感激してもらうことが出来ます。洋風のチャペルウエディングやホテルウエディングも、数多くの式場で行っているので、じっくると検討されると良いでしょう。

せっかくの京都での挙式なので、感動的な挙式を演出してもらうことができる式場を選ぶことが大切です。資料請求をしたり、じっさいに式場に足を運んだりして検討することが大切です。

歴史のある京都で挙式はしょうざんの結婚式場がおすすめです。

ホテルウエディングの良さについて

結婚式を行う場所はいくつかありますが、その中でもホテルでのウエディングはメリットがとても多いです。まず、設備が整っていることです。歴史深く知名度が高い、待機室、着替え場所、宿泊施設、駐車場、アクセスなど招待客への配慮が行き届くことでも大きなメリットがあります。

そして、質の高いサービスもホテルならではです。また、すべてがそこで揃うという準備段階での無駄がない部分もあります。新郎新婦も招待客も安心してゆっくりとウエディングを楽しめる一日になるのです。バリアフリーの造りになっているのも配慮が行き届いていることの一つです。

リゾートでウエディング

海外でウエディングを行いたいけれど、どうしても海外まで行くというのが厳しい場合には、国内のリゾート地を選択すると、リゾート気分を満喫する事ができるでしょう。飛行機に乗ってリゾートまで行ってウエディングを行うと旅行を兼ねて楽しむ事ができるでしょう。

また、国内のウエディングであれば、言葉の心配もなく、ゲストを招待しやすいという事も考えられます。ウエディングは、特別な場所を選びたいと考える人も少なくない様です。また、ウエディングを行うリゾート地の中でも、日程により予約がしやすかったり、逆に予約が埋まりがちになる事もある様です。気に入った会場があれば、予約をするのが遅くならない様にしましょう。

直前に予約するウエディング

少人数でウエディングを行うので、あまりたくさんの人をゲストとして招待するつもりはない場合、もしくは出産の予定があるので、できるだけ早期にウエディングを済ませてしまいたいなどという事もあるかと思われます。

その様な場合には、直前になってからウエディングの予約をする事もある様です。数か月以内にウエディングの予約をする事もあり、その場合には、割引が適応される事もある様です。

しかし、ウエディングに向けて準備をする時間が十分にないという事も考えられますので、どの部分にこだわるのかという事を考えておかないと、時間をかけたい所にかける事ができず、満足できなくなってしまうという事も考えられます。

ウエディングでの結婚式場選びのポイント

ウエディングの雰囲気を大きく左右するのは、やはり結婚式場になります。

たくさんの結婚式場があるので、何をポイントにして選んだらいいかわからない、と迷ってしまう人も多くおられます。

結婚式場選びをするときのポイントですが、まず挙式スタイルをどうしたいか明確にしておくことです。教会式とか神前式、人前式など挙式スタイルは本当にさまざまです。格式ある挙式をしたいと思っているのであれば、そのような挙式ができるウエディング会場なのかを必ず確認することが大事になります。京都でウエディングをするのであれば、雰囲気のいい神社なども多くあります。和婚にしたいのかなどもきちんと考えることが大事になります。

二つ目のポイントは、ウエディングでの料理の内容です。ゲストへのおもてなしの要となるのは料理です。そのため、ぜひともチェックをしておきたいポイントになります。和食とか洋食、和洋折衷などメニューの構成はもちろん、味とか温度、盛り付けも確認をしておくことが大事になります。試食会に行くことで自分の舌で確認ができます。

三つ目のポイントは結婚式場の設備の充実度です。ウェディングスペースとか駐車場など、ゲストのための設備が整っているのかは大切なポイントになります。年配のゲストが多い場合は、階段とか段差が多く内科も大切です。

このようなポイントに注意をして結婚式場を選ぶことは大事です。

思い出深いウエディングを企画するには

一生に一度のウエディングを成功させたいと思うあまり、体力以上の結婚式や披露宴を計画してしまいがちではないでしょうか。一生に一度のはれの日に主役ではる新郎新婦が疲労のあまり倒れてしまっては元も子もありませんし、費用の問題も出てきます。どちらにしても無理のない範囲で準備を早めに進めて行きましょう。

ハワイやグアムでハネムーンも兼ねて挙式するカップルも多いですし、その場合、ハワイまで行けないという親族、友人のために日本へ帰国してから食事会やパーティーをするパターンも多いようです。結婚式は二人だけで、帰国後のパーティーはうんと賑やかに企画すると良いでしょう。

ウエディング会場選びのポイント

結婚することが決まったら、まずウエディング会場を選ばなければなりません。会場には大きく分けて、ホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウスの4つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

ホテルは宿泊施設を伴い、設備も整っており、少人数から大人数までの挙式に対応できます。専門式場は結婚式を行うことを専門としているので、さまざまな設備やサービスが充実しています。

レストランは、美味しい料理をゲストに出すことができ、招くゲストの人数が少な目の結婚式に向いています。ゲストハウスは一軒家を貸し切りにできるため、自由度の高い挙式ができます。

現在の様々なウエディングの形

現在はウエディングのスタイルにも様々なものがあり、場所や人数、費用などによって好きなものを選べるようになりました。国内だけでなく、新婚旅行を兼ねて海外で挙式を行う人も増え、それに伴い日本古来の神前式も注目されています。

また、盛大な結婚式だけでなく、フォトウエディングのような手軽なものも増え、費用を節約する人も多くなっています。このことから、結婚式の多様性が進み、個人の価値観によって思い出に残るスタイルを追求する方が増えたと言えるのではないでしょうか。

このように何を重要視するかによって、結婚式の形もどんどん進化していくのかもしれません。

京都で行うキリスト教式ウエディングがおすすめです

京都のホテルや式場などにある私設のチャペルで挙式をする場合には、常駐する牧師がいないため、式場側が契約している牧師を呼んで司式を行います。親族以外の友人を多く呼ぶことが出来る形式で、自由度が高く、自由にプランを立てられます。

教会式と違って自由度が高く、新郎新婦がしたいことを盛り込むことが出来るため、とても人気が高く、多くのカップルがキリスト教式での挙式を望まれています。

価格は、若いカップルにも手を出しやすいリーズナブルなプランから、華やかで一生の思い出となる豪華プランまで幅広く用意されているため、自分達の希望に合わせて選ぶことが可能です。ウエディングドレスも、自分が好きな形を着ることが出来ます。

ウエディングについての関連記事