最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

結婚式場選びから挙式当日までの流れ

結婚式場選びから挙式の当日までの流れですが、まずは気になる結婚式場の資料請求をしたり、問い合わせをしたりします。疑問に思っていることなども、そのときに質問をします。

そして、気になる結婚式場には直接足を運び、会場の中を見せてもらいます。京都に気になるところがあるのであれば、直接いってみせてもらうことが大事です。会場が決定したら、次はドレス選びになります。ウェディングドレスの試着は可能になっているので、気になるものはすべて着てみることが大事になります。たいていどこの会場でも、試着は無料で何度もすることができます。

サイズも豊富にあるので、おめでた婚の方にもぴったりなサイズはかなりあります。そのため安心して選ぶことができます。カラードレスとか和装など気になるものはすべて試着をします。そのあとは、打ち合わせになります。きちんと結婚式の内容を細かい部分まで決めていくことになります。二人の要望に合わせプランナーがきちんとサポートをしてくれます。打ち合わせを結婚式当日までに数回行い、その後結婚式当日になります。

挙式当日には、まずはヘアメイクを行います。そして着替えをします。そして、新郎新婦二人で記念撮影を行ったり、リハーサルを行ったりします。このような流れとなっています。

結婚式場決定にかける期間について

人生で一度きりの結婚式ですから、あれもこれも要望や理想を叶えたくなり、式場選びに時間がかかってしまうのも当然です。普段から物事を即決しやすい性格の方や、式場そのものにそれほどこだわりがない方、反対にここで挙式したいと明確に決まっている方を除き、なるべく早くから結婚式場を見て回っておくと安心です。

それぞれの結婚式場によって会場の大きさや全体の雰囲気、スタッフの対応や交通アクセス、料理や演出内容などまでも異なり、それぞれ長所や短所があるため迷いが生まれやすいからです。後悔しないために、また気に入った式場を確実に押さえるために、少なくとも3ヶ月はかけたいものです。

お二人共納得のいく式場を探す手間は意外にかかり、十分な下見の時間を確保するのも簡単ではないからです。できれば半年ほど、余裕があればさらに時間をかけて式場を決定すると安心です。期間が短すぎると挙式の希望日が取れなかったり、決め事が多い結婚式が理想通りに行えない心配がありますし、反対に長すぎても中だるみしてしまい、せっかくの期間も楽しめなくなってしまいがちだからです。

格式ある京都や豪華なリゾートなど遠方で式を挙げたいとお考えの場合は、移動や打ち合わせ等で余分にかかる時間も考慮し、さらに決定までの時間を十分に確保することも大切です。

結婚式場についての関連記事