最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

挙式のブーケはプリザーブドフラワー

挙式を行う時には、花嫁がブーケを持ちます。以前は本物の花を利用していた事が多い様です。しかし、近頃ではプリザーブドフラワーを使って、事前に自分で手作りしておいたブーケを挙式に使用する人もいるみたいです。

用意された物を利用するのもいいですが、自分で作った物というのはやはり違います。挙式の数日前にプリザーブドフラワーを利用したブーケ作りを教えてくれる教室に行って、作ると初心者でもできるみたいです。挙式が終わった後も長く保存する事ができますので、思い出に取っておきたいという人にとっては最適なのではないでしょうか。

挙式の後は、プリザーブドフラワーを利用したブーケをそのまま自宅に持ち帰って保存しておく事も可能です。

身近な場所に飾るプリザーブドフラワー

誰かへのプレゼントとしてだけではなく、お部屋の中に飾るためにも使いたいのがプリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーには通常の切り花では考えられない様な特徴があります。それは世話を全くする必要がないと言う事です。

切り花は毎日の様に水を変えたり、先端をカットしたりする必要がありますが、プリザーブドフラワーのお手入れは全く必要ありません。つまり置物と同じ様な感じで、本物の花が楽しめます。花を身近な場所に飾ってみませんか。

枯れずに楽しめるプリザーブドフラワー

自然に咲いている花もずっと咲き続けるわけではなくて、いつかは枯れてしまします。限られた短い時間の中だけではなくて、もっと長くきれいに咲いているままをキープしたいならプリザーブドフラワーがいいでしょう。

プリザーブドフラワーはいろんな所で売られるようになりました。そして、フラワー教室でも扱われる様になっています。

花は生きているものですので世話を行わないと枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーは枯れずに私たちを楽しませてくれるでしょう。

加工を施すプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーを作る時はできるだけ均等に液体が行き届く様にしないとムラになってしまう事もあります。

一度できれいにプリザーブドフラワーができるかどうか自信がない人は、何度か試しに練習してみる事をおすすめします。

自分で加工を施す事で店では売られていないオリジナルの物を作る事もできます。

メッセージ付きのプリザーブドフラワー

容器に入れた状態でプリザーブドフラワーを贈るという事もできますが、せっかくギフトとして贈るのであれば、花だけではなくて、できればメッセージを付けて贈ると、気持ちを伝える事ができるのではないでしょうか。

何かメッセージが書いてあると、もらった人は嬉しく思う事もあるでしょう。

手紙であれば、長い文章を考えないといけませんが、プリザーブドフラワーに添える事ができるカードの様な物を使うのであれば、ちょっとしたメッセージでもいいでしょう。

ネット通販を利用する場合には、お店の人がパソコンで入力してくれる事もありますが、自分で贈る場合には手書きの物を贈る事ができ、イラストを描いたりするのもいいアイデアではないでしょうか。

ずっと飾りたいプリザーブドフラワー

とてもきれいな花が咲く植物というのは、育てていてもずっと花が咲いている状態ではなくて、ある季節にならないと花が咲かない事もあり、きれいに咲いたとしても、満開の状態というのはいつまでも続く分けではありません。

一定の期間、咲き続けると、しばらくすると枯れてしまいます。

咲いていない季節には花を楽しむ事ができませんが、プリザーブドフラワーであれば、常にきれいな花が満開の状態で加工しますので、その状態が何年も続く事になります。

花を長く楽しみたいという人に、プリザーブドフラワーがおすすめです。

また、屋外において世話をする必要がなく、お部屋の中にずっと飾っておく事もできます。

プリザーブドフラワーについての関連記事