最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

1点もののプリザーブドフラワーをオーダー注文

すでに作品として完成したプリザーブドフラワーが花屋さんで販売されている事もありますが、こんな物を作って欲しいという希望を伝えて、1点もののプリザーブドフラワーをお店の人にオーダーして作ってもらうという事もできます。

結婚式の時のブーケや、卒業式や退職祝いとして何か特別な祝い事があった時には、他にはない1点もののプリザーブドフラワーを贈るのも良いのではないでしょうか。贈る人のイメージにあった物を注文する事もできます。オーダーする際はどんな風に仕上げたいのか、完成のイメージを具体的にしてから注文する様にしましょう。

プリザーブドフラワーについて細かい事が分からないという人は、お店の人と相談しながら決定していくというのもいいでしょう。とっておきのものをオーダーしましょう。

費用を決定して買うプリザーブドフラワー

人が手を加えて加工を行っているプリザーブドフラワーは、生花よりも高い費用が設定されている事が多いみたいです。

小さい物から大きい物まであり、同じプリザーブドフラワーであってもかなり価格に差が出てくる事もあります。また、商品の種類が多いのでどれにしようか迷う事もあるかもしれません。決められなくなってしまわないように、あらかじめどの位の費用の物が欲しいのかを最初に決めておいて、その価格帯に該当する物の中から探すのもいいかもしれません。そうすると選びやすくなるでしょう。かなり絞り込む事ができるのではないでしょうか。容器のタイプも種類が多いので最初に選ぶといいかもしれません。

プレゼントに困らないプリザーブドフラワー

自分が良く知っている人に何かをプレゼントするのであれば、どんな物を贈ればいいのか何となく思い浮かぶ事もありますが、そこまで親しく付き合いをしない人などであれば、趣向が分からず贈り物をする時にどんな物を贈るといいのか分からない事もあるでしょう。その様な場合には、プリザーブドフラワーを贈ってみてはどうでしょうか。きっと喜んでもらう事ができるのではないでしょうか。

花をプレゼントされて、いやな気分になるという人はいないだろうと思います。プリザーブドフラワーは、手入れが不要ですので、そのまま置いておくだけです。きっとお部屋の中の雰囲気をもっとよくしてくれる事でしょう。

クリスマスに飾りたいプリザーブドフラワー

子供はもちろん、大人も楽しみなクリスマスになると、毎年お部屋の中にいろんな飾りをして楽しんでいるという家庭もある様ですね。この季節になるとワクワクする事もあります。

しかし、リースやツリーなどの飾りに本物の木を使用すると枯れてしまったり、虫が出てきたりして保存性に関しては優れない事もあります。何年も同じ物を使えない事も考えられます。そこで、プリザーブドフラワーを飾りの中に取り入れてみてはどうでしょうか。

プリザーブドフラワーというのは、元々は本物の植物を使用しますので、造花とは違い、リアリティーがあります。また、自由にアレンジする事ができますので、飾りとして大活躍する事間違いないでしょう。

長持ちするプリザーブドフラワーであれば、しっかりと保管していると翌年も使用できます。

大切な人への贈り物にプリザーブドフラワー

大切な人への贈り物や入院患者へのお見舞いとしてよく選ばれる贈り物がプリザーブドフラワーです。病院によっては生花を持ち込んではいけないというルールがある所もあります。

でもプリザーブドフラワーなら全く問題はありません。まるでオブジェの様に全く何もする必要はないのですから、これは本当に素晴らしいと言えます。

プリザーブドフラワーが誕生してからまだそんなに時間は経っていませんが、今では海外でも利用されており、それが日本にも伝わる様になりました。

思い出を色あせずに残すプリザーブドフラワー

ウェディングブーケや母の日のプレゼント、入学祝いなど、心に残る記念日などに花束をいただくことは多いと思います。また、こういった記念日のお花はできるだけ長く綺麗に咲き続けて欲しいと誰もが願うものではないでしょうか。

そんな思い出の花を継続的に綺麗な状態で保存することができるのがプリザーブドフラワーです。

インテリアフラワー、インテリアアートなどにも用いられ、現在では一般的になりつつあるプリザーブドフラワーはインテリアとしての役割だけではなく、思い出を色あせずに残すという意味でも、その存在が一般的になりつつあります。

プレゼントに用いられることも多いのは、長い時間咲き続けるといったことだけではなく、プレゼントした相手が水差しをしたりといった、面倒をみずともいいことなどもあるのではないでしょうか。

お手入れに負担をかけないため、贈られた人の手を煩わさないのも良いですね。

プリザーブドフラワーについての関連記事