最近では、オリジナリティーあふれる結婚式も多くなり、新郎新婦からの出し物があったり、ゲスト参加型のものなども多くあり、より思い出を共有するものも増えてきました。

MyFavoriteウェディング

華やかな結婚式場

注目のアイテム

和装のウェディング

ドレスでのウェディングも素敵でいいですが、和装のウェディングも素敵ですね。現在においては和装の機会が多くありませんので、ウェディングの際にたしなむというのもいいかと思います。

また、ドレスも和装も両方楽しみたいというのもいいかと思います。ウェディングではお色直しもありますので、和装を選ぶのもいいと思います。写真撮影を別途行う場合にも両方を楽しむ事ができるかと思います。

どの様な衣装をウェディングで選択する場合であっても、最終的には自分が満足できるという事が大事ではないかと思います。当日に衣装を着用している間はもちろんですが、どれにしようか考えるというのも、また楽しいひと時を過ごせるでしょう。

ウエディングで必要な手作り小物について

ウエディングにはさまざまなアイテムが必要になりますが、一生に一度だけの自分たちの結婚披露宴でもあるので、せっかくなら手作りをしてみるといいでしょう。結婚式用として、指輪の交換で必要なリングピローをハンドメイドで作る女性も多いものです。

当日まで結婚指輪を置いておくためのクッションでもあり、シンプルなものであれば1時間もかからずに作ることができます。京都のチャペルウエディングの際には欠かせないアイテムなのですが、近年では結婚式の方法もオリジナル性が高まっており、さまざまな場所でも利用されるようになってきました。

また、男性が何か作ってみたいと考えているのなら、ウェルカムボードが最適です。ウエディングの披露宴会場の受付に設置するボードであり、自分たちのために集まっていただいたことに対する感謝やお礼の言葉を書きます。自分たちの写真を入れたり絵を描いてみたりとアレンジは自由自在であり、DIYの腕を試すにも向いています。他にも、披露宴の受付台に設置する小物類に凝ってみるといいでしょう。

結婚披露宴では、大きな会場になるほどにちょっとしたものでも持ち込み不可ということが多いものです。しかし、ウエディングでの披露宴の受付台は最も制限を受けることがないので、自由にアレンジすることができます。

満足できるウエディングのために

結婚式の予定を立てているカップルにとって、理想とするウエディングへのイメージや願望などは大きくなるものです。こだわりの演出や準備を整える事が可能な結婚式場、さらに相談や希望などを伝えやすいプランナーとの出会いを果たすことで、より充実した満足のできる計画が立てられます。

自分たちにとって思い出深い一日をつくり上げるだけでなく、当日に招待する家族や友人などのゲストにとっても、心に残るプランを立てたいものです。料理や引き出物、会場設備など、様々な関連要素が挙げられるため、細かな対応策や工夫も問われます。

ウエディングドレスの選び方について

純白の白いウエディングドレスは女性であれば、誰しもが憧れる幸せの象徴とも言えるものです。最高のコンディションでドレスを着たいと思うのが女性の心理であり、ドレスの形や素材によっても見え方が異なってきますので、こだわりたい部分であることが挙げられます。

ウエディングドレスを選ぶ場合には、会場の規模や自分の体型に合わせたドレスを選ぶことがポイントとなります。また、素材によってもイメージは大きく変わりますので、自分の重視したいイメージをしっかりと持ち、選んでいくことが最大のポイントになります。後は自分の直感に従いドレスを選んでいくことです。

ウエディングの意味と由来

結婚する際に行う儀式をウエディングといいます。語源としては保障、保証金などから来ているものですが、それが長年の歴史の中で誓い、約束という意味に変化してきました。

二人が夫婦として結ばれ新たな人生、新しい家族の構築を行っていくという誓いを行うのが結婚式であり、それをお披露目して周囲の方々に感謝と今後も見守ってほしいという気持ちを込めて披露宴を行うのです。

一生のゆるぎない愛を誓い、人生の伴侶として歩んでいくのは幸せなことであり、様々な困難を乗り越える相棒となっていくのです。その思いを変わりなく続けていくという美しく深い意味が込められた儀式になるのです。

二人のウエディングは総合的に判断をして

一般的な傾向として宗教によらない人前結婚式や、キリスト教徒ではないが教会やチャペルでウエディングを行うケースが増えています。

特に教会やチャペルで愛を誓うというイメージにあこがれを持っている人も多く、信者でなくても受け入れてくれるところもあるという事情によるものです。ですが最近は、全体的に堅実な方向へ戻りつつあるようにも見受けられます。

結婚式は二人のためのものであると同時に挙式することで周囲の人の承認と祝福を受ける、儀礼的な意味も持っています。自分たちの意向だけを無理に押し通すのではなく、親たちの希望や地方のしきたり、宗教的な背景を考えて総合的に判断したいものです。

ウエディングについての関連記事